2010年にスタートしたカンボジアでのチャリティー活動は現在、スクールの生徒数が500人にまで増えました。2011年の学校開校時、18人だったので大幅な増加です。

こうしたチャリティー活動ではさまざまな課題を解決しなければなりません。カンボジアにおいては、教育の為にはまず、子どもたちの栄養状態を改善する必要を感じたので、給食を提供する事にしたのですが、その為に、農地、牛、鶏を購入しました。こうした取り組みにより「あのスクールに行けば給食を食べられる」と評判になった上に、現在では余った食材をマーケットで販売し、運営費用に充てるまでになっています。このような形態で運営しているスクールはカンボジアでは唯一だと思います。

このようにキンダーキッズが貢献できているのはキンダーキッズの活動、イベントなどでの保護者の皆様、スタッフからの寄付のおかげです。皆様のご協力に感謝いたします。

経済発展が著しいカンボジアですが、発展している地域とそうではない地域の格差は大きく、まだまだ援助を必要としている人たちがたくさんいます。

今後ともご支援の程よろしくお願い致します。

お名前
メールアドレス

▼確認のためもう一度ご入力ください。


お問い合わせ内容

▼お問い合わせ内容をご入力ください。